オイリーなお肌が原因でにきびになってしまいます。にきびになることはけっして悪いことではありませんが、ニキビ跡になることで、その後が本当につらいことになってしまいます。そのために、どのようなことをしたら良いのかをしっかりと考えておかなくてはいけませんね。

そこで、肌の潤いを考えて、シッカリとしたケアを心がけることが大事。分泌された皮脂はこまめに取り招くことが鉄則ですね。基本的なことなんですが、どれだけのことを考えてから行うことが重要。皮脂を取りすぎると、乾燥するので良くないという話をよく効きますが、でも肌の潤いを守っているのは皮脂ではなく、セラミドなどの保湿物質です。そのために、皮脂は鶏招いても問題はないはず。分泌されて時間がたった皮脂は酸化され、肌荒れや老化を招く要因になります。

特に、オイリーな肌の人は、皮脂分泌が過剰なので、それがニキビや湿疹などにつながることもわかっています。ある程度のケアを行えば、症状は軽いために、悩むことはありませんが、やはり必要最低限は洗顔などを行うことが重要。

オイリー肌の人でも保湿は必要で、脂分が多くても、水分不足になることがあり、脂分が多くて水分が少ないと、余計に脂分だけが目立ってしまいます。そのために、ちょっとしたことなんですが、脂分を置く水分が少ないと余計に目立ってしまうために、しっかりと洗顔はしたい所です。

しかし毎日、1日に何回も洗顔をすると、後からつらいことになってしまうために、1日一回を心がけたい所です。ただし、テカりすぎると、まわりからの目が気になってしまうために、水などで軽く流すようにすれば、ニキビ予防にもつながるはずです。