紫外線を浴びることでしみになりやすいと言われています。ただし、紫外線を皮膚に浴びることはけっして悪いことではありません。体内に入り込む紫外線によることで、これがビタミンDに代わり、骨を強くしたり、脳を活発にすることがわかっています。一番は、長期間にわたり紫外線を浴びすぎてしまうことです。

肌が老化する原因の60%は紫外線んいよるものだといわれています。そのために、紫外線を浴びることは悪いことではありませんが、浴びすぎることが問題。そのために、UVケアである紫外線に対策を最低限行うことが重要です。

肌にとって日焼けは逆害あって一利なしで、紫外線に注意を払うのは腫れた日の野外だけで不十分。曇っている冷室内で過ごす日に、ほんんお少量でも紫外線を浴び続けていると少しずつダメージを積み重ねてしみ、シワ、たるみなどの肌老化を引き起こして、UVケアにつながることがわかっています。このようなことをしっかりと考えてから行うことが重要になります。

日焼け止めを使う人が多いのですが、日焼け止めだけで紫外線をブロックするにはかなり量を塗ることが必要になります。

特にSPFの表示がなくてもUVカット効果があり、ファンデーションやフェイスパウダーには酸化チタンやタルクが含まれているために、UVカットイコール適しているというわけではありません。

そのために、UVカットを補いながらも、日傘や直接費に当たらないようなケアは心がけておきたいとろこですね。